Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

修理できればゴミでなくなる

寒いのか温かいのかわからない冬が続いていますが
花粉シーズンの到来で周りではマスク姿が多くなっています。
インフルエンザより花粉の方が強い印象です。

花粉に負けるなよー


さて今回はリューターつながりで書いていこうと思う。

ドレメルっていうアメリカのリューター。
もう30年くらいたつ古い物だけど頻繁に使われていたわけではないので
良い状態を保っている。
家の奥の方から発掘してきた。

MODEL275 TYPE3。

他にも5段変速の物や何やらあるみたいだけど
これは一番廉価なモノ。


DSCN9949.jpg



DSCN9952.jpg

問題はTYPE3ってとこ。


TEPE3まではモーターと先端の軸とをプラスチックの樹脂パーツの様な物で
連結していて、経年変化で当然劣化しちゃうわけ。

樹脂がばらばらに割れちゃって そうするとモーターは回っているのに先端部分は回らない。



DSCN9916.jpg

モーター側のギアと軸側のギアが繋がってないでしょ。
これでは先端の軸は回りません。


DSCN9946.jpg

これが劣化した樹脂部分。ほんと粉々。
フレックスカップリングと言う部品だそうで
800円ほどで手に入ります。
だったら素直にそうすればいい所を今回はわざわざ自作の修理をしちゃいます。

送料・振込手数料など余計なモノが掛かるし
これくらいならって思ったわけで、まあそういう事なんです。


DSCN9921.jpg

まずギアの溝に合うピアノ線を8本切り出します。
ピアノ線である必要は全く無いんですがちょうどいい太さが
ピアノ線しか無かったからです。
切り方も超適当です。


DSCN9929.jpg

ギアの溝を合わせて連結します。


DSCN9931.jpg

はんだ吸い取り線です。
先端部分に引っ掛けられるように はんだを少し盛ります。
ピアノ線とピアノ線の間に引っかかって巻が解けない様にです。
これでぐるぐる巻いていきます。


DSCN9934.jpg

ほどけない様に部分的にはんだを吸い込ませます。
モーター側のギアが樹脂なんであまり熱を加えたくなかったので
見てくれは良くないですねー。まあ見えない所だし構いません。

これで終了。

マスバランス?なんですかそれ?

元通り組み直して


DSCN9942.jpg

いざ、スイッチ オン。



DSCN9943.jpg

普通に使えるみたいですね。
耐久性とか分かんないですが、ダメならフレックスカップリング買います。

あ、お約束ですがマネしてどうなっても責任は取れません。
自己責任でお願いします。て、こんな古いの使ってる人っていないと思うけど・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
category
道具

リューターで使うコバ磨きビット

想いを伝えるために声がある。

重要なのは想いであって声の質は二の次である。


以前に
”ドリルを買いに来た人が欲しいのはドリルではなく穴である”
みたいな言葉を何かで読んだ記憶がある。

端的に言ってしまえば
”必要としているのは穴なのだ”

穴が開くならばドリルでなくてもいいわけだ。
重要なのは穴の方・・・。


こんにちは 提督です。

前回の終わりに
リューターに付けるコバ磨きビットの事を書いたのだけど
磨くのならばヘチマでも出来るしスリッカーでも可能だ。
満足のいく結果が得られればどんなものでも構わない。


でも結果が同じならば楽な方が良い。


安直な動機だが限りある持ち時間なかで、それは重要なことなのだ。
リューターのビットを作ろうと思った一番の動機は、時短だ。

と言っても僕はたまたまリューターを持っていたからで
これから揃えようという人には結構な出費だと思う。
費用対効果の面の考えて良いのか悪いのか微妙でもあるんだけど・・・。

すでに持っている または入手を考えている人限定で
出来るだけ安価に良いパフォーマンスを発揮できる それが今回の目標だ。

目的はリューターではなくコバの磨きなのだから。



DSCN9846.jpg
まずビットの軸を切り出す。
そこら辺に転がっている2.3mm位の太さの鉄の棒。
使おうと思っているリューターが2.34mmシャンクのマイクログラインダーだから。

3mmでも6mmでもその辺は関係ないと思う。ただ夜に作業するときに出来るだけ静かな
リューターを使いたかったからそうなった。



DSCN9854.jpg
昨日の記事を書いた後に思いつきで作り出しているので
材料が身の周りにある物での制作となっている。
百均の目打ちや彫刻刀の柄をぶった切る。たまたま机の周りにあった物なので
材料は何でもいいと思う。

木工用ののこぎりを取りに行くのが寒くて面倒だったので折れた金鋸の歯で切った。
折れた金鋸(別に折れている必要はないのだけれど)これの使い勝手は結構便利で
木材はもとよりプラスチックから金属まで、ちょっとした切断に使っている。
机のペン差しに立ててあるので用意する手間もいらない。


DSCN9861.jpg
大体の中心にピンバイスで穴を開ける。芯だしの手間が変わるくらいなのであまり気にせずに
チャッチャカ開けよう。

鉄棒の先っぽを金鋸で荒らしてエポキシボンドで固定。
リューターに咥えさせてギュイーーーンと削ると


DSCN9869.jpg
こんな感じで簡単に出来ます。
結構粉が舞うのでレジ袋の中で作業しました。
エポキシの固まる時間を入れても30分も掛からない。ボンドの固まりに不安なら
その分の時間を取ればいいと思います。



DSCN9872.jpg
あまりに簡単に出来てしまったので、
こんなのや

DSCN9878.jpg

こんなの


更に

DSCN9874.jpg
麺棒を使ってちょっと大きめのやつまで(笑



DSCN9884.jpg

小さい物なのでこれだけ作っても20円から30円くらい?
今回はありものなので、まったく掛かっていない

問題点として軸の鉄が錆びるだろうということ
木材が柔らかいので長いスパンで見れば耐久性に難ありと言えるかも。

あとは所有欲と言う点では・・・ちょっとくすぐりが足りないか(笑。
磨く性能にそれほど違いが出るとは思わないけど、
良い木材が手に入ったらちゃんと仕立ててみるのもいい。

ただここまで引っ張ってなんなんだけど
厚手のしっかりしたコバ磨きに、これ一発みたいには使えないだろう。
何故かと言うと押し固める効果があまりないと思うからで
一番期待するのは薄い革を磨く時とタッチアップの様に
一度引き締めらたコバに使う時。
やはりスリッカー(僕の場合はヘチマ)の出番を無くすまでには
行かないと思う。
まあどんなに頑張っても万能な道具なんて有るわけないしね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


category
道具

底鋲キターッ!!!

11905023c_R040.jpg

チョコフィオーレの蕾。


台風が通り過ぎてめっきりすごしやすく というか今も寒いくらいなんですけど・・・。


風邪をひきそうな予感がプンプンします。




こんばんは 提督です。






長ーい間作業が中断していたビジネスバッグがやっと再開できそうです。

注文していた底鋲がようやく到着しました。








11923000blog.jpg




作業台の上なんで見苦しいですがご勘弁を。

底鋲といっても割りピン式のスタッズの親玉みたいなやつなんですけどね。

ちゃんとした底鋲ってわりと重量があるんで、自分にはちょっと選択し辛いんですよ。

格調とか高級さは無いけれど僕の鞄には元から無縁なので少しでも軽いパーツを

選択してしまいます。差し込み錠ももっぱら豆差しを使うのもそのためです。



モノの出来ががどんなものか判らなかったけど、とりあえず50個での注文。一つの鞄に5個使うので鞄10個分。

今のペースだとしばらくは こと足りると思われます。







11923003blog.jpg






底鋲だけではこれ以上引っ張れないので、普段使っている道具を少し(目の前にあったので( ̄◇ ̄)。

と言ってもマニアックな道具とか使ってないので目新しいものは無いんですが





ネジ捻という道具。





革の端から好きな距離で筋を付られるものなんですが、 柄から先端までが

結構距離があって 直線はいいのですがアールのきついカーブなど

細々したところは作業がし辛いので 先を切り落として柄の部分を拡張しています(黒く革を巻いているところ)

これで先の方を握れるので小回りの時にぶれにくく、テクの無い僕にも取回せるようになります。

また火で熱したりもするので、こうすることによって根元を握るとき熱くないです。








11923005blog.jpg




圧着用のローラー。

革をボンドで張り合わしたり、折り癖を付ける時に使うローラーです。

革用の金属のローラーも売っていますが家にあったので代用しています。

銘柄からわかるようにアサヒペンの障子張用。

革用金属ローラーのことはわかりませんが、これはプラなんで角を少し削って

段が付き辛くしてあります。幅が少し狭いですがこれで足りない時は麺棒で。







たまたま目の前にあったものを紹介しましたが、他に道具って穴開ける道具と金具留める
道具くらいしか使わないので、道具カテゴリーは増えないでしょうね。

レザクラ始める時に何個かその手の道具買ったんですが(向学心ってやつかな) 今のところ作品作るときに
使ったことがありません。

切るのはカッター 削るのは紙やすり 磨くのはヘチマ

道具というものはアイテム的には好きなんですが よく見かけるレザーの道具は何か惹かれる感じが
無いんです。とりあえず的なつくりというか代用できるんじゃね?みたいな気がするわりに高かったりして
素直に買えないんですよ。
持っているだけでうっとりできる物があれば嬉しいんですけどね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村   あなたの1ポチでうれしくなるやつがいます エヘヘヘ。
category
道具
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。